会社のロゴと印象について

会社の広告やCMでは必ずその会社の「ロゴ」が出てきます。そしてその「ロゴ」によりかなりその企業の印象を決めてしまうことになるのは間違いありません。一般生活にかかわるものを作ったりサービスを行う企業であれば、そちらの商品やサービスの印象のほうでイメージをつくられることのほうが多いかもしれませんが、あまり触れることのないような会社(たとえば、投資信託会社や大手建設会社など)では、普段の印象がない分、そのようなロゴ等でかなり印象が決まってきてしまうと言っても過言ではないと思います。ましてや、東証一部上場していない新興企業などは、その点を考慮して慎重にそれを決めていく必要があると思います。たとえば、よくある話ですが、一般公募してその中で更に人気のあるものを選択するなど、見栄えや印象を重視して決めていく必要があります。

会社のロゴはプロのデザイナーに依頼

ホームページの作成をすることがあります。ソフトさえあれば個人で自由に作成することができると言われています。そこで自由に作ってみることにしました。一応納得したのですが、作ってみて思ったこととしてはクオリティの低さです。素人ですからしかたがないのですが、あまりにセンスが無いのでがっかりしてしまうことがあります。頭のなかでこのように考えているのに、それをうまく表現することができません。会社のロゴを作成するとき、素人が考えると質があまり良くないことがあります。やはりデザイナーに依頼をしたほうが良いでしょう。イメージなどを伝えて、あとはプロに任せるようにします。すると、いくつか作成してくれることになります。料金に関しては、候補をいくつ考えるかによって決められることもありますし、最初から金額が決まっていることもあります。

会社のロゴは複数人に考えてもらう

アニメなどにおいて、主人公の顔が似ていることがあると思います。ストーリーが違えばそれで楽しむことができるのですが、その部分が気になることがあります。同じ作者が考えるとき、似てしまうことはあるのでしょう。会社のロゴを考えてもらうとき、ある一人の人に考えてもらうことがありました。10種類ほど出してもらいました。出してもらったのは良かったのですが、どれもよく似ています。もう少し違うものも見てみたいと思うようになりました。そこで別のデザイナーさんにも出してもらうことになりました。すると、かなりイメージの違うものを出してもらうことができました。イメージを伝えて考えてもらうのですが、同じ人だと似てきますが、違う人だと全くと言っていいほど発送が変わることがあります。自社に合うものをじっくり選ぶことができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*